車の売却先は価格を比較してから決める

見積は複数とって比較

車の売却先は価格を比較してから決める

査定を一箇所に依頼して後悔した話と、複数見積りを取って高く売った話

引用

私が近所のカローラで、ヴォクシーを下取りに出そうとしたら、「うちで下取るなら0円」と言われ
「ここだけの話し、ガリバーとかラビットみたいな車買取専門のところに持って行ったらお金になりますよ」とヒソヒソ‥とアドバイス受けました。

そこで車買取 で聞いた事のあったA社に電話して査定してもらったら事故歴があるという事が発覚。
それでも2万円で買い取ってくれるという事だったので、喜んでいたのです。

しかしその後、色々わかった事があります。

「2万円で喜んで良かったのか?」という点です。
確かに、下取りよりは高く、しかも中古車で事故歴があったので納得して2万円で売ったのですが、それを友達に話すと

「え…?なんでA社に売ったの?別のとこにアイミツ取った?」と聞かれました。

「アイミツ・・・・?」

アイミツとは友達に聞いてみると「相見積」の事で、複数の業者から見積を出してもらい、内容や金額を比較することでした。

それを聞いて自分が引越をした時に、何箇所かの業者の中で一番安くお願いできるところを選んだ時の経験を思い出しました。

確かに、インターネットで一括見積サービスというものを使って依頼をすると赤帽、サカイ引越センター、日通、と何社かの営業の人が来てそれぞれ見積を出してくれたのでした。

その中で一番対応が良いところに、他社で安く見積出してくれた事を告げたらその値段まで頑張ってくれた、あのかなり得した気分になった経験を思い出したのです。

そうです、何もはじめから1社だけにお願いするのではなく、そこ以外の買取店にも査定をお願いしたら2万円よりも高く売れたかもしれないのです。
それを気づかせてくれた友人は、過去に自分のプリウスの査定依頼をいくつかの売却予定先にしたら、値段の差が少しだったものの、担当者の印象がとても良かった買取店にお願いしたとの事でした。

引用

車を売る前に、売却価格を比較したほうがいい!

なぜなら一社だけで十分満足できる見積もりをしてもらえる場合もあるのですが、ただ、その金額以上の金額で売れた可能性が無かったと言い切れないからです。

車を高く買い取ってもらう為には、見積もりを一社だけでなく複数にしてもらうことが重要です。

車はそのお店によって買取金額が異なり、場合によっては数十万円差が出る事があります。

定価がある洋服を買う場合とは違って、中古車の値段はお店ごとに金額を比較するのが難しい

買取金額を見てお店選びをするにしても、どこがどのくらいの金額で買取をしてくれるのか公開されている情報はありません。

さらに「あのお店が高い」という情報があっても、その車種によって高くなるお店が違いますので、口コミなどの情報は参考程度にしかなりません。

持っている車が、どこがどのくらい高くなるのか確実な情報を得て判断する必要があり、そのためにも複数のお店で査定して見積もりを出してもらいましょう。

どうやって比較するの?何箇所も電話かける時間もないし。
う~ん
どうやって比較するの?何箇所も電話かける時間もないし。
う~ん

そんな時は、

  • 「1つのサイトに入力するだけですむ」車の一括査定依頼サービス

を利用する方法があります!

「1つのサイトに入力するだけですむ」車の一括査定依頼サービスを利用する方法

簡単な入力をうたっているところであれば、1分もかからずに車種や走行距離、自宅の場所を入力して依頼をするだけで査定をすることが可能な数社へ依頼が出来る仕組みのサービスで「車の一括査定見積(依頼)サービス」と一般的に呼ばれているものです。
上場している企業も何社かあり、古くは15年以上も前からあるサイトもあります。

参加している買取専門店も、ガリバー、TーUP、アップル、ビックモーターといった全国チェーン展開しているところや、地場の中古車販売の企業が参加しているところだったりとサイトによって様々です。

また、楽天オートのようにサイトによっては査定依頼をするだけでも楽天ポイントがもらえるなど特徴があります。

査定を受けてしまったら、すぐに売らないといけないんじゃないの?
でも…
査定を受けてしまったら、すぐに売らないといけないんじゃないの?
でも…

査定をしたらそのお店で売らなければいけないわけではありません。
まだ売らないとして査定依頼しても、快く引き受けてくれて的確な査定をしてもらえます。

最近、査定は出張査定として自宅に来てもらえる場合が多くあります。
そうなると売らないと申し訳ないと思う人もいるでしょう。

その気持ちは抑えて出来るだけ多くのお店で査定してもらい、数社検討して高く売れる先を見つけましょう。

注意としては、その場で売却に関する書類を書いたりしない事です。
「ちょっと検討したい」等ハッキリと伝えてみましょう。