「キズは査定前に直すべき?」車を高く売る乗り方

高く売れる車はキレイ!?

「キズは査定前に直すべき?」車を高く売る乗り方

日頃の点検 とメンテナンスは高く売れる条件として必須!
査定をするための修理は
【出したほうが良い考え】と【出さないほうが良い派】がいる

ただのこすりキズだからと放置していたら、サビてお金がかかった話

引用

クルマを買ったばかりの頃は、かなり気をつけて運転したり乗り降りしていましたが、ちょっと気が緩んだのか、自宅の駐車場でミラーを壁にこすってしまいました。

あわてて降りてみてみると、3筋くらいミラーの背面に傷が(( ノД`)
ちょっと指で触ってみると壁の塗料がついているようにも、思えましたので安心してそのままにしていました。

数ヶ月たって車検をうけた時に「このミラーのキズ一緒に直しちゃいますか?」と聞かれで驚きました。

薄い3本筋だったキズのところがさびて茶色くなってしまっていたのです。

キズの状態であれば、ディーラーのアフターサービスなど利用して安くすんだのに。。
サビを消すとなると広範囲で塗装をしなおしてもらうなどのお金のかかる処置になってしまう事がわかりました。

引用

ボディに凹みが無い場合とある場合の査定金額に差額が、修理代の費用よりも少なかった話

引用

半年後には車検という事で、今回はクルマを売りに出してそのお金を頭金に新しい車の購入を検討しはじめたのです。

改めて車をみていると、大きなものでは無いにせよ長年乗ったせいか、あちこちに小さなキズやバンパーのヘコミがありました。

家族で、「いくらくらいで売れるのかなー」、「綺麗な車のほうが高く売れるとよく聞くけど、このヘコミ直したほうがいいよね」と話していても決められません。

そこでまずは、修理の見積もりを取ってみようという事になりました。
ガソリンスタンドで給油ついでにおよその費用を聞いてみると、3万円ほどかかるとの事。

ちょっとこのまま査定に出してみようという事になり、修理をせずに見積を出してもらったところ5万円の値段をつけてもらえました。

その際に、「このヘコミとかが無かったらいくらくらいになってましたか?」と聞くと

「うーん、、なんともいえないですけど、このくらいであれば1万円くらい違うか違わないかくらいですかねー。」

「ただ、うちは事故車はそんなに得意じゃないので、もしもっと大きな破損があるとしたらこちらでは買い取れなかったかも知れないですね」

とも言っていたので、傷の状態にもよるし、買取をする店にもよる事がわかりました。

引用

査定前に修理を出すか出さないかは
「自費で行う修理費を見積もってから」がおすすめ

この話の例のように

  • 修理費を算出する
  • その後何社かに見積を取る
  • 凹みや傷の有無で金額が変わるか聞いてみる

という段取りをふんで
自腹の修理費のほうが結果的に高くつくのか、安くすむのかを総合的に判断する事をおすすめします。

高く売れる車は普段の車の乗り方で決まる

相手は1日何台も査定しているプロです。車を見れば何でも分かります!

査定する際、ボディだけを見ているのではなくてエンジンオイルの状態などエンジン回りの状態やタイヤを見ています。そして、室内の汚れ具合や臭いまで査定の対象になっています。

いくつか、査定の人が見るポイントを紹介します。

査定の人が見る「チェックポイント」

エンジンオイル

交換していなければ色が変わるだけでなく、黒い塊としてエンジン内部にこびりついてしまいます。
塊があるのかどうかもみて判断しているので、きちんとメンテナンスしていないと査定に響きます。

車内のキレイさ

掃除されているのかはもちろんですが、汚れがこびりついていないか、タバコによる焦げがあるのかを見ています。

車内の匂い

タバコの臭いやペットのニオイがあるのかを見ていて、臭いがあるとそれだけで査定の金額が下がります。
こちらも、焦げ同様にシートを全部取り替えなければならない可能性があるからです。

その人がどのように車を使っているのかで査定額は大きく異なります。

全く同じ年式や型式であっても、きれいに乗った車であれば、買取後にほとんど手をかけずに売れる可能性もありますし、匂いの為にシートを新しく替えたりエンジン周りの修理をしてから売りに出さなければならないリスクがある、「費用のかかる車」であれば、買取店は安く買い取ることでしょう。

ただし、それは同じ買取店の中で比べた場合になります。
査定する各社は、買ったあとの車をどこにどう売るかの戦略が違うので、査定時に見るポイントも少しづつ異なります。

ただし、どこの買取店にも共通するのは大事にすればするほど高く、雑に扱っていれば安くなります。

大切に乗り続ける事が高額買取に直結していますので、将来高く売るためにもボディだけでなく内装も綺麗な状態を保つようにしましょう。