高く売れる車の色・形式・種類ってあるの?

色や地域で差がでる!?

高く売れる車の色・形式・種類ってあるの?

ホワイトが安定の高額査定と聞いていたけど、ヴォクシーの人気1位は「ブラック系」だった話

引用

車を売却する時に「ホワイト系は人気だから高く売れるよ」というウワサを耳にしていました。
私の車は2003年式のトヨタVOXY。
購入した当時は煌という型式のものがCMで人気で、ずっと憧れていた白いファミリーカーを買ったのです。

実際の査定となった時に、見積金額が思ったより低かったので思い切って
「結構白が高く売れるって聞いたんだけど、これって考慮されないもんですか?」
と交渉してみたのです。

すると、ごもっともな回答が。
「確かに車全体でいうと、販売されているクルマも買い取りされているクルマもホワイト系が人気なんですけど実際は車種によるんですよねー。このクルマで言うと、今年の人気ランキングでは1位も2位もブラック系なんですよ。黒だったらもうちょっと高く出来ましたね。」

ガックリしていると、さらに親切にもその査定士の方が
「あと、もう一台のあのプリウスなんですけど、水色ですよね。
今売るんだったらあれは逆に白が人気だったんですよねーー・・」

「ただ、中古車のエコカー人気は今ほんとにすごいですから、プリウスの場合は売りに出す時期によってはあまり色に影響しない可能性も高いんですけどね。結構型式とかよりも、みなさん色を決めてから選ばれる人が多いんで、ボディカラーで金額変わる場合多いですね」

引用

同じ車種同士で比べると白系と黒系は高額査定になる可能性が高く、軽自動車や、ハッチバックはボディカラーにより査定額が変わらないと言われます

査定に影響するのは「車種×ボディカラー」「車種×特徴」が販売市場で人気かどうか?

「ノア」「ヴォクシー」「ヴェルファイア」 といったミニバンは車体の色によって査定額が大きく変わります。

ミニバンイメージ

人気の色は黒や白で、10万キロを越える距離を乗ったものも多く取引されています。

モデルチェンジによって、価格の下落の影響を大きく受けるとも言われていて、買取先によって価格にも差がでる車種なので査定はいくつかのお店に頼むことが得策でしょう。

軽自動車の特徴としては車体の色で金額が大きく変わることが無いという点です。

ワンボックスタイプの軽自動車イメージ

最近の傾向としてはワンボックスタイプの軽自動車は高めに売れると言われています。また、車体の色によっての違いもそんなに無いと言われています。

確かに小さくて維持費も普通車よりもかからないのに、キャパシティなど普通車並にありますから、使い勝手がいいですね。

ランドクルーザーやスバルのフォレスターといったSUV・大型SUVは四駆(4WD)の価値が高いです。

SUV・大型SUVイメージ

SUVはアウトドア志向が強い方が乗っている事が影響してか、より馬力のある4WDの方が人気で、プラスの査定対象となります。
クルマ全体で考えると、大きくて燃費のかかるためかシェアとしては大きくなかったのですが、コンパクトサイズのイグニス等の押上げで近年の売れ行きは好調です。

カローラフィールダーなどのステーションワゴンのように、走りを優先にするモデルは2WDに比べて4WDの査定が高い傾向があります。
この車種に関しては、比較的古くなってしまうと売買されにくい傾向があるとされていますので、売却価格の動向を定期的にチェックする事をおすすめします。

まとめ

  • ミニバンはボディカラーが大事で、走行距離が長くても売れる傾向
  • 軽自動車は色によっての査定額に差は現れにくい
  • アウトドア志向強めのクルマは4駆が査定のプラスポイント

実際にはタイミングや売却先によって様々な要素で金額は上下するので査定は複数社にお願いしたほうが良い