中古車を高く売る7つのコツ

中古車を高く売る7つのコツ

中古車を高く売る7つのコツ

ディーラーは車を売りたいが、買取店は車を買いたい

下取りより買取店に売る

今持っている車を売りたいと考えた時に、売却先として思いつくのはおおむね2パターンではないでしょうか。

メーカーにこだわりをもってる方であれば特に新しい車を買う時に、今の車は下取りしてもらってその分新車をいくらでもお安くお得に買いたいですね。

昔から下取りは新しい車を売るためのカーディーラーの販売促進方法です。

そのため、一般的にカーディーラーは「どんな車でも買い取りたい」というわけでは無い事を知っておきましょう。

車を販売して利益を生むのがカーディーラーなので、例えば購入して10年以上経過した車だったりすると「あーこの年式だと値段つかないですね、引き取るのは可能ですが。。」と消極的な場合があります。

一方で買取専門店は、簡単にいうと車を仕入れて在庫を長くかかえる事なく中古車を販売する事で利益を得ています。

買わないと仕入れが無い事になりその後お金となる物が無いのでこまります、もっというと「こんな車が中古車でほしい」というお客様がいれば、その人向けの中古車がタイミングよく売りに出されるのを待っていたりするので、カーディーラーより高く売れる事が多いのです。

買取価格の相場を知ってから

買取価格の相場を知る

買取専門店のほうが金額のメリットはあるとはいえ、売ると買うが一か所ですむ等の手間を考えると下取りに、と思う人もいるでしょう。

その場合、知っておいたほうがいいのが愛車の下取りに出す際の売却価格相場です。

まずは金額を知り、下取に出さない心づもりで、新車の購入価格の値引きをお願いしてみましょう。

通常新車販売の営業マンは参考価格から値引きをしてくれますが、その値引きは下取りでぼやかされる場合があるといいます。

1店舗だけではダメ、見積比較しよう

見積もりは複数とって比較

下取りの場合も、買取専門店に出す場合もまずは売却相場を知る事が大事とわかりましたでしょうか。

そのうえで、買取価格の査定金額は買取店によって差があることが知られていますから、複数見積をとると損をしません。

ただ、沢山見積依頼するにも買取店を調べて電話をして、、となると大変ですよね。

ここでぜひ使いたいのが「車一括査定見積りサービス」です。

1回の愛車のデータ入力で、複数の買取店に一斉に依頼が出来るサービスで、長いところでも3分ほどで入力が完了します。

実際の査定時に気を付けるポイント

査定は「正直に相談」のスタンス

査定金額もそれぞれ店舗によって違うように、査定にくる担当者も勿論違います。

同じ金額で買い取ってくれるところが2社あれば、気になる事は応対の良さだったりしませんか。

あくまで見積りなので、実際に査定をしてもらうと値段も上下しますので査定も2社以上依頼するのが理想です。

値上げの交渉は難しいと感じるかと思いますので他社で出た見積金額を見せて素直に一番の高額で買い取ってくれないかどうかを相談するつもりで話を進める事がストレスも無くよいかもしれません。

・「今すぐきめてください」では決めないで複数に依頼してから決める
・相手はプロなので嘘をついて交渉などせず事実で素直に相談

この2点に気を付けてみて下さい

高く売れる車の乗り方

高く売れる車キレイ!?

車の綺麗さは、高額査定ポイントのひとつと言われます。

年式や修復歴などの他に、外装も内装も細かいところまで掃除が行き届いているかメンテナンスをきちんとされているのかどうか、を査定会社はみるのです。

車のタバコ臭がつかないような乗り方や、シートを汚さないようにカバーを付けて乗るなど工夫が必要です。

買取店が高くても買いたい車種

需要がある車は高く売れる

一般的に、新車で売れ筋のものは中古車でも人気です、需要が高いという事は買取価格も高くなります。

長年人気なのがボクシィ、エスティマ、アルファード といったミニバンやコンパクトカー、軽自動車と言われています。

高額査定のつく車ってホワイト系4WDってホント?

色や地域で差が出る!?

車種と同様、新車で人気の黒・白・パールのボディカラーの車は高い査定が付きやすいです。

一方で需要を考えると個性的な車はディーラーに売ったほうがいい場合もあるので、買取価格を複数見積をとったうえで、ディーラーにも相談してみましょう。

また、雪の多い地域では雪道も安心な四駆の人気も高いので、買取価格も高く出来ると言われます。