三菱自動車(mitsubishi)下取り相場検索と車売却に関する特徴

三菱車下取価格検索・買取の特徴

三菱の下取参考価格や人気車種の買取に関する情報はコチラでご覧いただけます

三菱の下取り相場や買取価格の特徴は

三菱(mitsubishi)車の買収相場は?
過去の名車である「パジェロ」や「ランエボ」などの実績や、アジア新興国で非常に高い人気を誇る「SUV」や「デリカ」、「アウトランダー」など、アウトドアなイメージの車種をはじめ、2015年には、日本有数の自動車メーカーで、軽自動車の国内シェアトップ5位にランクインした「パジェロミニ」や「ekワゴン」などの軽自動車において、今でも根強い人気に支えられています。

価格の割に作りがしっかりしていて、装備が多いことや、パフォーマンス性が高いことも支持されている理由でしょう。
性能的には、国内メーカーの中でも高くエコ性能も申し分ありません。
また、長年のラリー競技へ参加し続けてきたことにより、「パジェロ」や「ランサーエボリューション」などは、世界的にもファンが多いです。

2016年に起こった燃費試験の不正事件によっての下取価格や買取価格への影響は?
燃費試験不正事件が発覚した事で、売却価格が大幅に下落する等、影響があるのでしょうか。

実際の買取価格相場はどうなっているのでしょう。
発覚した2016年5月頃の毎日新聞で中古車販売大手ガリバーインターナショナル(現IDOM)の調査で、三菱自動車の「ekワゴン」と「ekスペース」が15%程度、問題発覚前とくらべてそれぞれ安くなったと伝えています。また、日産自動車が三菱自動車と提携した「デイズ」と「デイズルークス」は10%程度減との事で、いずれも仕入れ業者が極端に減った事が原因とされています。

一方で高額査定のポイントはやはり、その車が中古車市場において人気かどうが重要となります。
その為、車そのものが売れているかどうかを見るのがひとつポイントです。
メーカー別の販売数の推移※で見ると、発覚後~5ヶ月間では国内売上で前年の半分程度となっています。
日本のメーカー全体で同じ期間は前年比98%、トヨタは112%である事を考えると、多少「三菱の車を買うのは、、、」とユーザーが消極的になっている可能性がうかがえます。
三菱車は国内販売よりも海外での販売台数の割合が大変高いのですが、アメリカでは政府から説明を求められるなど、販売数の伸びはすぐには期待出来ないという見方が強くあります。

※日本自動車販売協会連合会・全国軽自動車協会連合会 (JAMAのデータベースより調査)

車を高く売る乗り方

キズは査定前に直すべき?

三菱車査定のポイントは

三菱(mitsubishi)車査定のポイント
三菱の車は、他のメーカーに比べて台数が少ないこともあり、高値で買い取りされる場合もあるようです。
もちろん、型番や年式、車の整備状態で買い取り価格は大幅に変わってきますので、タイミングも重要です。
日頃からメンテナンスをして、少しでも高額査定が期待できるよう、備えることをおすすめします。

価格の割に作りがしっかりしていて、装備が多いことや、パフォーマンス性が高いことも支持されている理由でしょう。
性能的には、国内メーカーの中でも高くエコ性能も申し分ありません。
また、長年のラリー競技へ参加し続けてきたことにより、「パジェロ」や「ランサーエボリューション」などは、アジアを中心に世界的にもファンが多いです。

三菱車を下取に出したり、買取をする場合の注意点としてよく聞かれるのが下取で高額にならないので乗り潰すほうがいい」といった声です。
実際にどうなのか、下取の参考価格をチェックしてみて下さい。

三菱の特徴

三菱(mitsubishi)の特徴
1870年三菱創業にはじまり、1917年に三菱造船設立、「三菱A型」乗用車の制作を開始しました。

1971年に日本グランプリ自動車レースでコルトF2000が優勝。
三菱は、日本のメーカーとして最も長い歴史を持っています。
以来、「ミニカ」や、「ギャラン」、「ランサー」といった車を世に送り出してきました。
2000年に起こったリコール隠しも乗り越えた三菱ですが、2016年のこの燃費データ改ざんでも打撃を受け会社が大変疲弊していたとされています。
そこで大きなニュースとなったのが2016年9月の日産のカルロスゴーン氏が三菱の会長に就任することの決定です。
日産の出資が決定して事実上の傘下に入るので、信頼回復をして、新車の発表や国内売上向上が期待されています。