ダイハツミライース(mira_e-s)下取価格相場と車買取査定時のポイント

下取り価格検索

下取り価格検索

車が今いくらで売れるのか?このサイトでは、今車を下取りに出した場合の参考価格を個人情報を入力しなくても、簡単に調べる事が出来ます

ダイハツ ミライース 2016年式の下取参考価格

グレード 型式 2WD/4WD 排気量 下取り参考価格
  • ※上記の価格は、カーディーラーに車下取した場合の参考価格です。
  • ※検索結果で得られる下取参考価格のデータは、定期的に更新されますので、実際の下取・買取価格は実車の査定によって大きく変動します。
注目

車を高く売る為の情報として「売却価格相場」が大事だと聞くことがあります

ミライースの買取相場は?

ダイハツのミライースはデビューモデルからハイブリットに匹敵する低燃費技術e:Sテクノロジーを採用し、最新モデルでは35㎞/L以上と超低燃費を実現しています。このモデルでは買取価格も高くて、3年落ちのケースで買い替えによる下取り相場が新車価格の55%前後になっています。
また上級グレードであれば更に高額買取が可能なブランドです。
2011年度デビューで初代のミライース 660Xが15.6万円~25.7万円の下取り価格相場になっています。(2017年1月現在)
買取価格は多くの場合下取り価格よりも高値になる事があります。このページではミライースの下取価格を無料で、個人情報の入力をする事なく簡単に調べる事が出来ます。

ミライースの査定のポイント

ダイハツ・ミライースの人気の秘密はやはり低燃費で、初期モデルから一人乗り・タウンビークルとして愛用されてきました。
そんなミライ―スの査定ポイントは低燃費グレードで、各世代の660Xや660Lなどのノーマルタイプが安定した買取相場になっています。

また4WD仕様の場合は1割ほど燃費が落ちる事もあって、買取り先を絞って査定してもらうと良いでしょう。
ダイハツの中古車は世界市場でも人気が高いので、年式や走行距離にはあまり左右されずに良い査定が付きます。

ただし3年落ちの査定ならば、国内シェアが中心ですので走行距離が少ない方が高値になりやすいでしょう。
エコカーブームで、中古車市場でも人気が高い車ですし、セカンドカーとしても需要が高く、買取価格も割と安定しています。
衝突ブレーキシステムスマートアシストも選べるグレードもあり、これが装備されているグレードは今後査定額も下がりにくいと考えられます。

あなたの車を1番高く売る事ができるところを探す

「車の価格相場の情報」「査定のポイント」を知ったらさっそく、査定依頼へ!

ミライースの特徴

エコカー市場での人気も高い車で、車体の軽量化に対して先代ミラと比べると60kgの軽量化に成功しアンダーフロア(車下回り)はダイハツムーヴと同様の物を使用していますが、徹底した見直しで30kgの削減に成功しました。エンジンもミラに搭載しているものをベースにヘッド(先端部)周りの冷却性をアップさせ性能を良くしています。

トランスミッション(オートマ機能)はCVT(連続可変トランスミッション)を採用しているため、抵抗への低減が工夫されています。燃費向上のためにアイドリングストップ機能が大きな効果を発揮しています。通常走行時にオルタネーター(交流発電機)による発電を減らし、車体への負担を減らしています。車内についても後席の広さは他の軽にも言える特徴ですが、ミライースもレッグルーム(足元スペース)も広々としていてドアは90度まで開くのでチャイルドシートの取り付けや乗せ降ろしも楽々です。

最上級グレードGにはVSC(横滑り防止装置)が標準で、新車で112万、その他のグレードもABS(車輪のロックによる滑走発生を低減する装置)が採用されています。走行時も割と静かでアクセルを踏んでいても不快感がありません。速度は速くないですが、街乗りには十分の車だと言えます。車体も軽いので、アクセルを踏み込んだ時のスピードも満足できると思います。時速7km/h以下になるとアイドリングストップします。

アイドリングストップが続くと暑い日や寒い日はエアコンも制御していますがこんな時は任意でアイドルストップを解除する事も可能です。燃費がいい運転が出来るように、メーターパネルにエコドライブをサポートする表示がついています。車体が軽い分、段差を降りるときの衝撃は大きいですが路面でのショックは少ないので乗り心地も不満がないと思います。

ミライースの口コミ
・燃費、経済性がとても良い ・価格も安くてシンプルですが乗りやすいです ・運転し易く小回りが利きますなどがありました。