下取よりも買取のほうが高額査定の可能性が高い理由

下取よりも買取のほうが高額査定の可能性が高い理由

下取りしてもらったけど、思ったより値段が付かない。下取よりで0円と言われた車でも買取店では値段が付いた、という話しを聞いた事はありませんか?
「下取」と「買取」の違い、ディーラー下取の仕組みから見ていくと買取の方が高く売れる理由がわかります。

車下取りの仕組み

車下取りの仕組み車を買い替えるときに、今まで乗っていた車を下取りに出したら思っていたより価格が低かった、という話を聞いたことはありませんか。
そもそも下取りとはどのような仕組みになっているのでしょうか。
ディーラーが買い取った車は中古車専門業者などに売却されるか、廃車の手続きが行われます。

下取りで査定される際、次の項目を満たしているか確認されます。

  • 1.内装、外装の状態
  • 2.エンジン・足回りが良好であるか
  • 3.車検の残りが3ヵ月以内であるか
  • 4.走行距離が標準であるか
  • 5.タイヤの溝が1.6mm以上あるか
  • 6.事故、修復歴や改造がないか

この制度によって、査定基準価格は決まっています。

それなら、買取りでも下取りでも同じ価格になるのでは?と思いますよね

しかし査定はこれだけで終わりではないのです。
その後各社それぞれのマニュアルに基づき、決められた基本価格と照らし合わせ、さらにそこから状態などによって減点方式で評価が決定します。
各社で評価方法に違いがあるため、価格に差が出てきます。

この査定基準に満たず、廃車が決まった車は、値段が付かないどころかお金を請求されることもあります。
それは、廃車にも手続きや処分費用がかかるからです。

売却の場合は、ディーラー側にとっては新車も購入してもらえるし、上記のように、十分に利益が出るように下取りの査定額を出していますので、損はしていないのです。
下取り価格が買取りよりも安くなるといわれているのはこのためです。

もし、下取り価格に納得がいかなかった場合は、1社で決めないで数社に査定をしてもらい、他社の査定価格を引き合いに出のも交渉を有利にする手段の1つです。

下取よりも買取なら平均16万円UP!
ズバット車買取比較サイトへ

あなたに合う一括査定は?各社を比較しました

下取りに出すメリットはなんでしょう?

では一番のメリットは、売却から新車の購入まで、全ての手続きが一緒にできるということです。
名義変更や保険の書き換えなど、手間がかかる手続きも同じお店で一緒に行うことができますので、忙しい方や、自分で色んなところに査定に出す手間をかけたくない、という方にはおすすめです。
乗り換える予定の車が同じメーカーの場合や、値下げが難しいと思われる新車を購入予定の場合なども、下取り車があるということで価格交渉が有利になるようです。

下取りであっても、交渉次第で金額が変わることもありますので、査定相場を調べておくことは重要です。

下取参考価格が3ステップで簡単にわかる

処分する場合の廃車代を考えると、少しでもお金になったほうがいいですよね。下取りのメリットを把握することが、納得のいく価格で新車を購入できる鍵といえます。
新しく車を買い替えるときに、ディーラーに下取りに出す場合のメリットとしては、全ての手続きが一緒にできるということがあります。

車は下取よりも買取のほうが高く売れる理由まとめ

①買取専門業者よりも査定額が低い可能性がある
②車の内装や外装のパーツがマイナス査定になる場合がある
③下取に出して値段が付かない場合に、手数料などがかかってしまう事があるので注意が必要

車買取専門店がカーディーラーには無い販売網を持っている可能性があるため、多種多様な車の取扱が可能です。
ただし、需要があっての高額査定のため売却時期や売却先によっては下取のほうが査定額が高い場合もあります。

多少時間がかかったとしても、ご自身のお車が一番高く売れる方法が下取なのか、一括査定でいくつか見積もった中から一番高額な買取店なのかいずれも検討してみるのが、車を一番高く売れる方法だといえそうです。